四国お遍路⑦徳島→高知 難所すぎて震える。




一人旅ブログ/当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.

御厨人窟と神明窟

空海が悟りを開き、空海と名乗るようになったという伝説の洞窟にも寄ってみました。

伝説によると空海は、御厨人窟(右側)に居住し、隣接する神明窟(左側)で難行を積み、悟りを開いたとされています。

この洞窟から空や海を眺めていたんだなぁ・・って思うとちょっとしんみり。

昔はこの洞窟に入ることができたようですが、現在は立ち入り禁止となっています。

室戸青年大師像

最御崎寺に行く途中になんだかものすごく大きなお大師像があるなぁって気になっていたので寄ってみました。

太平洋を見下ろすように立つ、高さ21mの若き弘法大師の銅像。1984年に建立されたそう。

入場料300円を受付のおばあちゃんに払っていざ拝観。

おばあちゃんの周りには猫がたくさんいました。

だいぶご高齢みたいで歩くのもしんどそうだけど、話すこととか耳も良く聞こえるようですこぶるお元気そう。

お大師像の後ろには涅槃像。

お釈迦さまが中部インドのクシナーラの沙羅双樹の下で北を枕にして西を向いて世を去った、その時の姿を形にしたものが「涅槃像」。

因みに一般的に“北枕”で眠るのを避けるのはこのためです。

見上げてみる。

お大師さまの足元には四国巡礼マップが。

力強い!!

受付のおばあちゃんにいただいたお接待の飴。コーラは地域限定のお遍路モデルで太龍寺の境内で買いました(笑

今日の宿は日和佐海岸沿いの高台にあるホテル白い燈台さん

受付の紳士がとってもフレンドリーで色々と話しかけてくださって、なんか嬉しかったなぁ。ちょっと竜雷太に似てた・・。

えびす洞温泉 白い燈台

眺望抜群!太平洋を望む露天風呂が自慢★全室オーシャンビュー!

徳島県海部郡美波町日和佐浦455

神戸淡路鳴門道鳴門IC下車国道55を南へ90分。JR牟岐線日和佐駅下車、車で5分。

宿の詳細はこちらです





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください