韓国一人旅④弘大(ほんで)秘宝館的スポットとアートなピカソ通り




一人旅ブログ/当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.

旅した日:2018年5月

韓国一人旅③カロスキル~狎鴎亭おさんぽの続きの記事です。

今日はソウルでも見所盛りだくさんなスポット弘大(ほんで)をぶらぶら。

地下鉄に乗って弘大入口駅まで出かけます。

こちら、韓国の地下鉄の1回用交通カード、日本でいう切符みたいなもの。

交通費の中に保証金500ウォンが含まれてていています。

保証金は目的地到着後に「保証金返金機」にてカードを返却する際に払い戻されます。

このエリアは芸術系大学の最高峰、弘益大学があるので学生がとても多くて、街全体がアートっぽくておしゃれな雰囲気です。

クラブなどのナイトスポットも沢山あって夜はさらに活気づくらしい!

韓国のクラブも行ってみたいなぁーと思いつつ、一人旅だとこういう夜スポットはなかなか足を運びづらいんですよねぇ・・。

今回、クラブはスルーして済州島に引き続き、ここソウルにも秘宝館的スポットがあるっていうんで、張り切って行ってみました。

その名も、LOVE MUSEUM。

済州島の珍スポット「ラブ・ランド」は生生芸術。済州島②の時はあまりの生生しさに圧倒された(というか呆れ)だったけど、今回はどうなんやろう。

LOVE MUSEUMがある建物には他にも3つほどミュージアムがあって、どれもインスタ映えスポットということで結構日本人や現地の韓国の方にも人気があるんだそうです。

ちなみにLOVE MUSEUMは19歳以下は入場できません。

入口からこんな感じ。

このハルク的なやつなんやねん…って思ってみていたら

こうやって写真を撮るのがおすすめよーっていう見本の写真が貼ってありました。

エロ×トリックアートっぽいんだな、ここ。

男性諸君の憧れであろう角度とか。

なんかよくわからんけど、ポップアート的なものとか。

でもあくまでもエロだ。

これはたぶん、椅子?

色んなキャラクターや絵画をエロくパロったコーナーもありつつ、見所盛りだくさんだけど、正直ここは一人で来てもいまいち面白くないかも・・・

ここではエロを織り交ぜたトリックアート的な写真を撮ることが面白いんだ!っていう雰囲気なので、一人で来ても(´・ω・`)しょぼーんですよ。

さすがに他のお客さんに撮ってください~ってひとりはしゃぐわけにもいかないので、というかそんな針金のような神経を持ち合わせていないのでささっと見学して帰りました。

たぶん滞在時間15分くらい。

友達や恋人と一緒に来たら1時間くらいは頑張れそうな、そんな珍スポットです。

面白い写真はたくさん撮れそうなのでインスタ映えを狙っている方にははげしくおすすめスポットです(笑)

韓国に来てどうしても食べたかったもの・・・それはチーズタッカルビ。

普通だと2人前~っていうお店が多いんだけど、ラブミュージアムのそばに1人前から注文できるお店をはっけーん!!(喜)

時間帯が微妙なので(PM3:00くらい)店内には私のほかに、お客さん一組だけでした。

店員さんもなんだか気怠くアンニュイな雰囲気だったので、あー注文しずらいなぁーって思ってたけど(韓国の店員さんって基本的にそんな雰囲気やけど)

手早くパパっと完成度の高いチーズタッカルビを作り上げてくれました。

そしてさらにはスマイル0円もくれまして、カムサハムニダ。

ここホンデは学生の街ということで、なんかぶらぶらしたら面白そうなのでひたすらにディープっぽい路地裏に恣意的に迷い込んでみたらありました。

ディープなゲストハウス?

ぱっと見、廃墟?ゴミ屋敷なの?っていうビジュアルですが、よーくみると看板犬もいるしカフェっぽいお店も開店していたのでちゃんと稼働してるっぽい。

このくたびれたテッドが目印のゲストハウス。

ちょっと怖いけど泊まってみたい・・・・。

このビビッドな色遣いがたまらんっ。

アートの街だからなのか、街全体の色合いがカラフルな気がします。

こちらにもゲストハウス。

クラブのシャッターもなんか垢ぬけた雰囲気でおしゃれ!

弘益大学校のすぐそばにあった、何故か日本語だらけのお店が入店する雑居ビルがありました。

六本木 弘大・・よこづな・・御馳走たのしい・・・相共に・・味噌串溜り・・全店制覇したいくらいの個性を放つ建物でした(笑

さらに大学に近づくといろんな壁という壁にグラフィティが。

結構細かく凝ったデザインでいろんな壁を眺めながら歩くのが楽しい。

映画のセットのような秘密基地的喫茶店。

学校の裏通りあたりにこんな感じのオシャレなお店が沢山ありました。

弘益大学のキャンパスに沿うように広がるピカソ通り。

駐車してあったトラックもこの通り(笑

こんなゆるいイラスト結構好き。

ムンクの叫びの人もモチーフににした喫茶店。

なんかイイ!こういうセンス大好きです。

昔流行った死にかけ人形を何故か思い出しました。

学校の周辺を一周して駅まで戻ってきました。

お昼くらいにはいなかったストリートミュージシャンが沢山いて、結構な至近距離で各々歌っているもんだから何歌っているのかいまいちわからんかったけど、なんとなくにぎやかな雰囲気は味わえました。

夜はゲストハウスで知り合った方たちと、韓牛を食べにカロスキル通りへ。

韓牛高い・・・。でもおいしい・・・。

韓牛のユッケ。

値段設定が周辺の飲食店よりもかなり高めに設定されているお店だったので、観光客向けなのかな?と思いましたが、結構韓国のお客さんもいたのでもしかしたら有名店なのかも。

韓国の人、お酒めちゃくちゃ呑む呑む・・・

そして会話がダイナミックというか、一瞬喧嘩してるの!?っていうふうに感じてしまうけど、楽しそうに仲良く呑んでらっしゃいました。

サムギョプサル。焼いてから一口大にハサミでチョキチョキするスタイルです。

韓国一人旅④弘大編おわり。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください