長島温泉・料理旅館で猪鍋となばなの里。ついでににゃんまげ




一人旅ブログ/当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.

からくり忍者屋敷が面白かった。

というか入ってすぐに三半規管をやられる感じ。

視覚的には平面なのに、床が傾いているから船酔いのような変な眩暈に襲われます。

こういうマイケル的な写真を撮ることが出来るスポットです(笑)

お昼ごはんは伊勢うどんとてこね寿司。

伊勢うどん、関東に住んでいるときは全く知らなくて、関西に来て初めて食べたんだけど、衝撃的に美味しかった。

食感がほわほわでタレも美味しくて、一時期はまって毎日のように食べていたら、1ヶ月で3キロくらい太りました(笑)

トイレの個室に貼ってあった。

芸が細かいなぁ・・・時代村さん!

料理料亭の庄助さんです。

せっかく三重県に行くなら、世界最長のジェットコースターがある長島スパーランドに行ってみたい!ということで、ランド近くの温泉旅館を予約しました。

本当はスパーランド系列の長島温泉リゾートのホテルに泊まりたかったんだけど、予約が取れなかった・・・すごい人気なのね。

料理旅館「庄助」さんは猪鍋や猪焼が楽しめるお宿です。

宿はちょっと古いけど、民宿のようなアットホーム感がありました。

宿のスタッフの方も明るくてきさくなので、初めての宿だったけど気楽に気兼ねなく過ごせました。

源泉かけ流しの温泉はお湯の温度が高め。ぬるっとするけど、湯上り後はお肌がしっとりしてめちゃくちゃいい感じになった。

源泉は近くの木曽岬温泉から引いているそうです。

一瞬「廃墟かな」と思ってしまう、渋すぎる外観。

B級スポットマニアの間では、

・温泉ディープスポット

・終末的退廃感に満ち溢れた昭和の温泉施設

・昭和の世界にタイムスリップ

などなど・・

として、知られた存在らしいってことを後から知って悔しかった・・・。

行っておけばよかった。





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください