モロッコ女ひとり旅(4)マラケシュから港町エッサウィラへ




2015年の12月中旬にモロッコひとり旅行ってきました。

モロッコ女ひとり旅(3)マラケシュ・ジェマエルフナ広場をぶらぶらの続きの記事です。

今回かなり弾丸タイトスケジュールのモロッコ旅。

マラケシュ一か所だけだとちょっと勿体ないなぁということで、現地ドライバーさんを予約して大西洋岸の港町エッサウィラへ。
とりあえず現地のアクティビティなんかを予約できるサイトでエッサウィラの送迎ツアーがあったので予約。
予約したのが前日の夜だったので、ちゃんと予約できてるんかなぁと思ったけど、翌日ちゃんとドライバーさんが迎えに来てくれました。

マラケシュからエッサウィラまでは車で3時間くらい。
エッサウィラはマラケシュの西に位置する大西洋岸の港湾都市で2001年に世界遺産に旧市街(メディナ)が登録されました。

スペインとかポルトガル、近い!海のすぐ向こう。
小さい島国の住人、日本人としてはちょっと不思議な感覚がしなくもない。

エッサウィラまで3時間、道のりは長いのでまずは朝ごはんでも食べようとドライバーさんに誘われ、ドライブイン的なレストランで朝ごはん。

朝早かったので私はミントティーだけにしました。
でもドライバーさん、朝からクスクスとタジン鍋のボリューミーなご飯食べてた。

他にツアー客もいなかったので、ドライバーさんと二人でドライブ。
お互いたどたどしい英語で話をしながらの旅路だったけど、ドライバーさん運転メッチャ荒いよ!!正直こわいよ!!150キロくらいで飛ばしてた。

エッサウィラの途中で大量の山羊が木に登っているところがありました。

アルガンオイルの実や葉っぱを食べるためにアルガンツリーに登るらしいんだけど、この場所は観光客用に現地の人が無理やり登らせてるらしい。

観光客がこんな感じで写真を撮ると、山羊の飼い主がチップ頂戴!って来るので素直に渡しましょう。

この山羊たち、別段アルガンの実を食べるわけでもなくじーっと木の上にいるから暇そう。

んで、ドライバーさんも記念撮影。

子ヤギ、めっちゃかわいかった。
ハイジな気分でご満悦。



コメントを残す