淡路島の秘宝館!?ナゾのパラダイスは本当に謎だった




一人旅ブログ/当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.

入り口で担当のおじさんに入場料500円を払って中に入ります。
「はい、500円ね~おもしろいからね~」とにこやかな感じのおじちゃんでした。

入口からすぐの狭い通路。高校の文化祭的な雰囲気の手作り感満載・・・ちょっと懐かしい雰囲気。

壁にびっしりと貼ってあったらくがきちょう。
ナゾのパラダイスを訪れたお客さんの感想みたいです。
1997年とか1998年あたりのが多かった。TV放送の影響かも。

文化祭的狭い通路を抜けると倉庫のような広い空間に。
なんか卑猥なオブジェが所狭しと陳列されています。

唇が示す女の性感帯と攻め方占い
いつも葉が見えている女性は淡白である。なるべく歩く様にして両腿を鍛えること。性感帯は耳たぶ咬むようにして愛撫すれば意外な効果がある。

・・・みたいな感じで、読み物系が多い!結構面白くてじーっと読み込んでしまう。

秘宝館には結構な確率でありそうなオブジェ。
特に感想はありません。触ってみたりもしません(笑)

一番奥には神社らしきものも。
お賽銭箱にはゴミらしきものが入っていました。なんか哀愁漂う感じ。

たつこ神社だそうです。