香肌峡温泉いいたかの湯(道の駅 飯高駅)

インスタグラムツイッター日本再発見楽天トラベルじゃらん
一人旅ブログ/当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.

三重県から和歌山県に抜ける166号線沿いにある 道の駅「いいたか」に併設されている 日帰り温泉施設です。

構想から約半世紀。

一人の人間が創り続けた陶芸空間、虹の泉っていう偉大なる珍スポットに行く途中で 立ち寄った休憩がてらの道の駅日帰り温泉です。

11種類のお風呂がありましたが、個人的にヒットだったのが、一人用の蒸し湯BOX。

シャー専用機みたいだなーってピットイン。

彼は露天風呂の開放がよかった〜って言ってました。

面前が山奥だから抜け感抜群です。

ヤッホーって叫びたくなります。

三重県松阪市飯高町宮前177 ナトリウム塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉

大人:660円 | 小人:330円

そして目指す「陶芸空間 虹の泉」に到着。

一人の陶芸家が人生をかけて作った雲上のユートピアです。

約5800㎡の屋外空間が男女や雲上を象った無数の陶芸作品で埋め尽くされている異空間。

どうやら公開されているのは日が決まっているみたいで 訪問した時はクローズしていました。

簡単に侵入できそうだけどちょっと後ろめたいので、 外から見学。

遠くからでも圧がすごいです。

陶芸空間 虹の泉

三重県松阪市飯高町波瀬156−1 入

場料 大人500円 高校生200円 小中学生100円

見学可能な日がよくわかりません。

インスタグラムツイッター日本再発見楽天トラベルじゃらん

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください