一人旅|女ひとり旅ですが何か?部員1人の女子旅部

女ひとり旅で海外旅行&国内旅行に行ってきますっ!

フェリー旅 ワンダースポット 一人旅 九州 飛行機旅

現在進行形で廃墟化している島、池島を探検(2)

2016/08/26

旅した日:2015年6月

現在進行形で廃墟化する島「池島」

閉山から13年。九州長崎の孤島、池島炭鉱を見学してきました(1)の続きです。

池島炭鉱を見学した後は、さらに追加で島内観光オプションをお願いして、池島の街並みを見学しました。
島内観光オプションは炭鉱見学の参加者だけが申し込めるツアーになっていて10名限定なので少人数で見学することが出来ます。

池島在住のガイドさんが案内してくださいました。
参加者は私を含めて3名。わたしと同じ兵庫県からいらっしゃった穏やかそうな年配のご夫婦と一緒に回りました。

ガイドさんが一緒なので、立ち入り禁止のエリアにも堂々と入っていけます。
まずは第一立坑を見学します。写真の奥に見えている高くそびえたつやつです。

真下から見上げるとかなりの高さです。

ここはどうやら写真スポットらしく、ガイドさんが「こっちからこう撮った方がいいよ!」「今度はここからこのアングルね!」みたいな感じで教えてくれました。

立坑の内部を一生懸命説明してくださりました。

閉山から13年、ずーっとここにこうして建っているんだなぁ。

全景が見渡せる場所にて。雨の中ユルユルの足元、転ばないように気を付けながら見学していきます。

郷集落は炭鉱の閉山前はパチンコ屋さんやスナック街が立ち並ぶネオン街だったそうです。
今では建物も蔦に覆われてゆっくりと朽ちていく様相。
静かに少しづつ緑に浸食され・・。

先ほどの立坑の麓。壁のスレート(?)は崩れ落ち、内部の鉄筋がむき出しに。

炭鉱内への送風&排気する施設。この施設で広大な炭鉱内の送風と排気をまかなっていたなんてすごいです。

高速電車「女神号慈海」です。世界最速時速50kmの炭鉱用電車だったそうです。
真っ暗な坑道の中を時速50kmって絶叫マシーンのレベル。
ディズニーランドのスペースマウンテンよりも怖い・・。

ちょっとポップな色使いのバッテリー機関車。可愛らしい外観に似合わず海底で運炭列車を牽引していたガテンなニクイやつ。

このトロッコはジュラルミン製だそうです。

炭鉱内を見学したときに、炭鉱の入り口の光が見えたのはここです。

1 2 3 4


 comment
  1. 雪之丞 より:

    昔、池島に住んでいたことがある者です。
    とても懐かしく読ませていただきました。

コメントを残す